お庭のお手入れは造園業界No.1チェーン店の
smileガーデンにお任せください!
0120フリーダイヤル-4128よいにわ-11イイネ
本部コールセンター
平日8:00〜19:00
土日祝9:00〜18:00
対応エリア
草刈り・芝刈り・雑草対策

【庭の手入れ】草刈り・草取り・除草剤業者の料金や相場について

ホーム » サービス一覧 » 【庭の手入れ】草刈り・草取り・除草剤業者の料金や相場について
それぞれ草の長さや用途によって、刈払機や自走式草刈機、ハンマーナイフを使い分けて除草いたします。
広範囲の雑草や芝もお任せください。
草刈り(機械刈り・税別)
250円〜/m²
草むしり(手抜き除草・税別)
概算不可
除草剤散布(税別)
200円〜/m²
※別途刈草処分費・清掃費・重機使用費が発生する場合があります。
草丈・機械作業の可否により料金が変動いたします。お見積りは現物確認が必要です。
現場調査
出張無料
お見積り
無料
土日祝も
対応可能

草刈り・草むしり・除草剤散布とは

草の処理は大きく分けて、草刈り・草むしり・除草剤散布の3つの方法があります。
草刈りは機械を利用して草を刈りこんでいきます。草むしりは草を1本1本人力作業にて草を取ることを言います。
草むしりは時間がかかり非常に効率が悪いので、人件費がかさんでしまいます。
除草剤の散布は、現状生えている草を根まで枯らします。しかし、草丈が伸びすぎている場合は効き目が悪い、または効かないため、一度草刈りをしてからの除草剤散布が有効的です。
草は春から秋にかけて絶えず成長します。伸びきってしまうと、蜂の巣を作られてしまう場合もありますので、早め早めに草の処理を行いましょう。

草刈り料金の構成

草刈り作業費
草刈りの作業費です。
清掃費
刈った際に発生する刈草等の集草清掃費です。
刈草処分費
刈った際に発生する刈草等の処分費です。
刈草運搬費
処分する刈草等の処分場までの運搬費です。
重機使用費
現場の状況や草丈によって使用する場合があります。
草刈り作業料金

草刈り・草むしり・除草剤散布料金の決まり方と相場

草刈り・草むしりしたい草丈によって作業費や処分費の値段が変わります。
草丈150cmほど
草丈30cmほど
基本的に草刈り・草むしりの料金は人件費から割り出されます。
地域によって相場は違いますが、建設業界では人件費1人当り1日○○円と決まっており、造園の場合は2万円~3万円が相場です。
正確な料金の決まり方

人件費が1日(8時間労働)当り3万円の場合、草刈り面積100m2を1人で4時間、刈草の集草作業2時間の合計6時間で完了できるとしたら、この草刈り作業の相場は1㎡当り草刈費・清掃費450円ということになります。しかし、同じ草刈り面積でも、草丈によっては、作業効率が悪くなったり、法面作業など危険性を伴う場合があり、その場合はその分時間が余計にかかることになります。そのため、料金も割増しとなります。
つまり、単価と言う相場を出すことはそもそも難しいでしょう。

他にも、別途ゴミ処分費(草丈や草刈りの面積によって違う)及び処分場までの運搬費が発生することになります。
ゴミの処分費は、各自治体の処分場によって処分費が異なり、運搬費は現場から処分場までの距離によって異なります。

正確な料金を出すためには必ず「現場調査」が必要です。

作業以外で発生する料金とは?

処分代がかかります。草の大きさによって処分量も変わるので、処分費も変わってきます。

草刈り・草むしり・除草剤散布
料金一覧

草刈り

概算料金表です。雑草の大きさやボリューム、現場の状況により単価は変動します。

草丈 草刈り1m²あたり料金
50cm未満250円〜500円/m²(税込275円〜550円/m²)
100cm未満350円〜950円/m²(税込385円〜1,045円/m²)
100cm以上概算不可
草むしり(手抜き除草)概算不可
除草剤

概算料金表です。雑草の大きさやボリューム、現場の状況により単価は変動します。

除草剤1m²あたり
200円〜500円/m²(税込220円〜550円/m²)
注意事項

※作業量が多いほど、上記単価よりお値引きさせて頂きます。無料の現場調査をご依頼ください。
※別途ごみ処理費・清掃費や、作業上必要な場合は重機費用が発生する場合があります。
※草刈り・芝刈りに関わらず、平地なのか傾斜地なのかにより作業価格が変わる場合があります。
※草刈りの場合は草丈により作業費用及びごみ処分費等お値段が変わります。
※除草剤散布をご希望の場合は、作業時の草丈によっては除草剤の効果がない場合があるため、草刈り後の実施となります。
※少数、少量の作業も大歓迎ですが、最低受注金額が地域によって8,000円~12,000円(税込8,800円~13,200円)となりますのでご注意ください。

閉じる

草刈り・草むしり・除草剤散布の
種類

  • 草刈り(機械刈り)状況に合わせた草刈り機を使用して草刈りを行います。
  • 草むしり(手抜き除草)機械を使用できない場合などに人力で除草を行います。
  • 除草剤除草剤を散布し草を枯らます。雑草予防にもなります。

草刈り・草むしり・除草剤散布の時期や頻度

雑草は春から秋にかけて成長します。

全般的に植物は、冬は冬眠し、春から秋にかけて活動します。そのため、春から秋にかけて何度か草刈りや除草剤の散布を行う必要があります。

方法 草刈り 除草剤
必要時期 4~12月 3~12月
推奨回数 年間 計5回 年間 計3回

雑草の種類

  • イネ科
  • キク科
  • カヤツリグサ科
  • トクサ科

施工事例

smileガーデンが
選ばれる3つの理由

全国どこでも見積無料!
お電話1本ですぐに駆け付けます!
※繁忙期はお待たせする場合もございます。
完全自店舗施工だから
余分なマージンをカット!
他社より高い場合はお知らせください。
庭師経験10年以上の
スタッフが9割以上!
だからリピート率95%!
対応エリア
今だけのお得なキャンペーン

他社より
高い場合は弊社まで
お申し付けください!

見積無料・出張無料!・相見積もり歓迎!・最低価格保証実施中!