お庭のお手入れは造園業界No.1チェーン店の
smileガーデンにお任せください!
0120フリーダイヤル-4128よいにわ-11イイネ
本部コールセンター
平日8:00〜19:00
土日祝9:00〜18:00
対応エリア
CARE

樹種別のお手入れ方法

ホーム » ま行 » モクレン

モクレン

鮮やかな花で春の訪れを告げるモクレンは、中国を原産とするモクレン科の落葉広葉樹です。日本には平安時代に漢方薬として持ち込まれ、のちに観賞用の庭木として植栽されるようになりました。

モクレンの花は外側が紅紫で内側が白色をしているのが特徴で、新緑と同時期の4月頃に咲きます。純白の花を咲かせるハクモクレンと区別するために、シモクレン(紫木蓮)と呼ばれることもあります。

開花期 植え付け 肥料 剪定
4月 3~4月,9~10月 1月,5月,9月 5~7月,11~翌2月
植え付け時期

モクレンの植え付けの適期は夏が終わり始める9月~11月と、2月~4月の春の成長が始まる前の時期です。
※あくまでも適期です。真夏以外は大丈夫ですが樹種によっては厳寒期は避けたほうが良い樹種もございます。詳しくはお問い合わせください。

植え付け用土・環境
モクレンは水はけのよい肥沃な土を好み、日当たりと風通しのよい環境でよく育ちます。生育適温は15~25℃ですが寒さにも強く、南は沖縄から北は北海道南部まで、日本の幅広い地域で育てられます。
剪定方法
モクレンの花芽は前年の夏頃に形成されるので、夏以降の剪定では花芽を落とさないようにすることが重要です。長い枝の先端には花芽を付けず、短い枝の先に花芽を付ける性質があるため、長めの枝は付け根から切り落とせます。短めの枝は剪定しないようにするか、花芽を2~3芽残して枝先だけを切ると、翌春の花を楽しめます。
剪定時期

モクレンの剪定は、休眠期の11月~2月に行うのがベスト。花芽と葉芽の区別が難しい場合は、花が咲いた直後の5月上旬~7月に行うことがおススメです。
※あくまでも適期です。基本的には真夏以外は大丈夫ですが、樹種・時期にあった剪定方法がございますので、詳しくは お問い合わせください。

かかりやすい病害虫
モクレンは病気や害虫はほとんど発生しない育てやすい庭木ですが、カイガラムシやカミキリムシが発生することがあります。カイガラムシは、樹液を吸って樹勢を衰えさせ新芽が出にくくなり、枝枯れを引き起こします。カミキリムシは、モクレンの幹に穴を空けて中を食べてしまうため、最悪の場合は木が枯れてしまうこともあるので、早めに駆除しましょう。カミキリムシ対策は塗り薬がおススメです。

モクレンの剪定のコツ|失敗しない時期や方法のポイント

モクレンは、優雅な花が咲くことで知られる樹木で、和風・洋風を問わず庭園のシンボルツリーとして人気があります。

春には大きな花を咲かせ、その豪華さと芳香が訪れる人々を魅了します。また、落葉樹であるため、季節ごとの変化を楽しむことができ、庭に彩りを添える存在です。

そんな、花が人気なモクレンに自分でもできる剪定のコツや失敗しない方法はあるのでしょうか。

こちらの記事では、モクレン剪定の失敗しない時期や、剪定方法のコツや時期などのポイントを分かりやすくご紹介したいと思います。

目次

サービス

お客様のお庭は多種多様なため、お庭の造園サービスというサービスは概算見積りを出すことが非常に難しいサービスの一つです。
なぜなら、庭の広さや庭木の本数、庭木の種類が違えば作業にかかる時間やコストが異なるからです。

そのため、お見積りは実際に現場を見て、内容を把握しなければお出しすることができません。

smileガーデンでは、見積もりにかかる現場調査は完全無料ですので、まずは無料のお見積り依頼をご利用ください。

対応エリア
今だけのお得なキャンペーン

他社より
高い場合は弊社まで
お申し付けください!

見積無料・出張無料!・相見積もり歓迎!・最低価格保証実施中!